外資系コンサルの意識高い日常

外資系コンサルのサラリーマンが意識高い(系)の日常をpostします。就職、転職、留学、自己啓発やその他考え方など

外付けモニター導入のすすめ

これまで私は、13インチのノートpcの画面と睨みながら、小さい文字で使用をせこせこと作っていた。在宅勤務の時間が延びたことから、ふと、大画面で仕事をするとどうなるんだろうと思い、一念発起し外付けモニターを購入した。 その際、我が家のスペースの狭…

在宅勤務でも集中力を維持する方法

こんにちは。長いようで短いGWが明け、少しずつ日常の生活に戻りたいところですが、しばらく続きそうな在宅勤務の中で、なかなか仕事のペースが掴めない、という人もいるかと思います。そんな方へ、いくつかお勧めの方法があるので紹介します。 ①ポモドーロ…

在宅勤務・リモートワーク成功の要諦(2)

前回記事にも書きましたが、リモートワークというのはそれ自体が大きな潮流の変化であると同時に、その波に乗れるかどうか私たちは試されています。そして、適応するにはハード面・ソフト面両方において工夫が必要です。 ishikitakaidaiary.hatenablog.com …

在宅勤務・リモートワーク成功の要諦

皆様、最近腰が痛くないですか? 慣れない在宅勤務が続き、申し訳ばかりのスペースで、安い机と椅子を用意して、小さくなって作業に電話会議に勤しんでいることだと思います。 本来、在宅勤務は通勤のストレスから解放されるものなのですが、「在宅勤務」し…

パスの責任分界点

マネージャー(上司)とスタッフ(部下)は日々のやりとりで、仕事を渡す方と渡される方に分かれます。マネージャーに渡された仕事を、スタッフがやる。この関係はサッカーのパスの出し手と受け手に似ていると思っています。 ①事業会社の場合 私が過去に勤め…

コンサルへの就職は高値掴みか、という話

大学生の就職ランキングの常連となっているコンサルティングファームですが、これらを揶揄するように、過去の銀行の栄枯盛衰に例え、今就職するのは「高値掴み」だと指摘する声があります。これについて、少し考えてみたいと思います。 ①大人気だった銀行の今…

助走期間が人を作っていくという話

私が外資系コンサルに転職して1年ほどが経ちました。振り返れば数年経ったくらい長く感じる1年で、感覚としては「充実していた」というよりは「なんとか耐えた」という表現が正しいと思っています。その理由として、いくつか考えられる点を整理していきたい…

センター試験が終わっていくという話

世の中はセンター試験シーズンですが、2020年度からセンター試験が廃止され、別の試験体系が導入されるらしいです。私は子供も居ないし親戚もまだ小さいので直接的な関わりはありませんが、やはり教育を語るうえで大学受験の仕組みは切り離せないと思ってい…

札束で人を殴ることと、お金による分断について

日本でも富の格差が広がっていると聞いて久しいですが、サラリーマンを10年弱やっている私の周辺で起きていることと、世の中の流れについて思うことを述べたいと思います。 ①お金による分断について お金による分断とは、お金持ちとそうでない人が分断される…

一年の計なんて立てなくてよい

気が付けば2019年となり、ラグビーワールドカップや東京オリンピックが迫ってきましたね。まだ私たちは2020年以降の世界が想像できていないですが、思った以上に何も起こらない気もするし、やはり普通に経済不況が訪れるような気もしています。さて、本日は…

見えない参入障壁を疑え

実はこの世界には見えない参入障壁で溢れています。私たちはそれによって大きな機会損失をしているのです。人生を好奇心に満ちた楽しいものにしていくためには、この参入障壁を疑い、固定観念をリセットして、自分の可能性を広げていくことが大切なのです。 …

孤独を愛する力

自分の人生を生きる方法として大切なことは、当たり前ですが他人の人生を生きないことです。それはかみ砕いて言うと、一人の時間を大切にすることです。成功している人の多くは孤独で、それに打ち勝った人たちであるということは、色々な本やインタビューで…

買い物の才能

日本人はお金の話が好きですが、特にお金を得る方法についた議論が多いと思います。メインのアジェンダである年収の上げ方や副業、投資などの話題については、巷で話されているとおりある程度のメソトロジ(方法論)があり、あまりセンスといったものは必要…

感謝の方法について

人に感謝を伝える方法はいくつかありますが、大人になっていろいろな照れやプライドで、ストレートに伝えることができなくなっていませんでしょうか?今回は、意識高い私が実践している感謝の方法について伝えていきたいと思います。 ①実績をつくる まず、お…

マウンティングのない世界へ

世の中はマウンティングで溢れています。一般的にマウンティングとは、仕事、年収、彼氏、結婚、子供などの議題に対して、持っている人が持っていない人に対して字自虐風に自慢する、ということと理解しています。例えば、結婚して子育てしている人が、「独…

平日のランチをやめた話

最近平日に昼食を食べるのをやめました。そもそも外資系コンサルでは昼を食べない人が多く、全く理解できなかったのですが、その人たちに合わせていくうちに慣れて来て、その状態が普通になると色々といいことがあったので書いて行こうと思います。 ①眠くな…

財布は必要なのかという問題

先日、財布が壊れたので新しい財布を見ていたら、ふと思ったのです。そもそも財布は必要なのかと。昨今において、スマホの携帯はマストでしょうが、財布の携帯はマストではなくなってきていると思います。 ①現金を使う機会はどれくらいあるか 一般的なサラリ…

アウトプットが可視化される世界で

毎日のアウトプットを計測していますでしょうか?アウトプットとは生産したものを指し、自分が労働して創り出した資料や意思決定や作った売上などです。以前にも述べていますが、これからの裁量労働制や週休3日制、在宅勤務への移行に伴い、企業が従業員のア…

絶望感のすすめ

あくまでも仕事面において、ということに限定すると、絶望するところから始めるのがよいと思っています。理由は、自分が届かないような高い目標にたどり着ける可能性があるとすれば、それは絶望するほどの現在地とのギャップを確かめた後にしかないからです…

なぜ偉い人の意見を優先するのか

企業で働いていると、偉い人の意見を優先する場面が多々あります。もちろんサラリーマンなので、命令を受ける義務はあるのですが、会議や意見交換の場では言いたいことを言えばいいわけです。それをやってしまうと、大抵偉い人は年上なので、なんだか古臭い…

意識を高めるための音楽

意識を高めるために、音楽を聴くことは有効です。スポーツ選手も試合前に聞く曲がたいてい決まっていて、イヤホンを付けながらアップしているのをよく見ると思います。自身の心を震わせる、集中した状態に持っていく曲を作っておくことは、いいパフォーマン…

オンラインMBAの比較

MBA

以下の記事の続きです。オンラインMBAへの道を志すことになりました。 ishikitakaidaiary.hatenablog.com で、その次がこれです。一旦ランキングを調べてみました。 ishikitakaidaiary.hatenablog.com 今回は、ランキングTOP3の特徴と、これから目指すター…

お金とは選択肢の数であるということ

金融業界に10年弱いるので、「お金」について考えた経験は平均値より高いと思っていますが、最近ではお金とは選択肢の数である、ということをお話ししていきたいと思います。 ①お金で解決できることは数多くある まず、認識すべきことの一つとして、お金があ…

オンラインMBAランキング

MBA

オンラインMBAを調べるにあたり、まずは「どこの大学が実施しているのか?」という情報が必要で、その大学に入るための準備が必要だと思います。なので、大学の偏差値ランキングみたいにとっつきやすいものから見ていこうと思います。以下がオンラインMBAの…

オンラインMBAへの道

MBA

突然思いついたのですが、オンラインのMBAスクールへ通ってみようと思います。オンラインMBAとは、自宅でMBAプログラムが学べるもので、私が指しているのは海外のプログラムが日本でも学べるものです。途中で心変わりするかもしれませんが、目指す過程でもい…

見えない景色を見るために

人は想像したところまでしか行けない、とよく聞きます。想像ができることのうち、実現できるのはたいていほんの一部ですが、想像ができないことはほぼ間違いなく実現ができない思っています。 ①限られた人にだけ見える景色がある 大変下世話な話ですが、日本…

未来の自分から見つめる

今回は人生の捉え方について述べたいと思います。物事の捉え方として、ポジティブな人もネガティヴな人もいると思いますが、ポイントは自分の視点(時間軸)をコントロールすることだと思っています。私は、基本的には未来の自分から現在の自分を観察するよ…

ゴシップから離脱せよ

お盆休みには家にいる時間が多かった人もいると思います。普段は見ないテレビを見て、何を思いましたか?ワイドショーを見て、何故か特定の事件に詳しくなったり、芸能人ネタに精通した人もいるでしょう。そのようなゴシップには、意味があるのでしょうか? …

ROIの終焉

以前にPDCAの終焉という記事※を書きましたが、今回はROIについて書きたいと思います。ROIというのは「Return on Investment」の略で、投資対効果などと言われ、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。この汎用的な指標は、すでに終わりを迎えて…

みんな自分を正当化したい

なんだかんだ、自分の今いる状態はベストだと思う、という話はよく聞きます。転職を考えるときも、「給与面/環境面で悪くないし、仕事もそこまで大変じゃないから」とか、転居を考えるときにも、「駅徒歩は数分だし、広くはないけど我慢できなくはないから」…