外資系コンサルの意識高い日常

外資系コンサルのサラリーマンが意識高い(系)の日常をpostします。就職、転職、留学、自己啓発やその他考え方など

フィードバックの重要性

 

フィードバックが重要だとよく言われます。フィードバックとは、自分のアウトプットに対して返ってくる反応のことです。フェイスブックInstagramのイイねやコメントも、フィードバックの一種です。

 

・承認欲求との違い

フィードバックは承認欲求と揶揄されますが、厳密には違います。フィードバックには所謂ダメ出しも含まれます。ある種PDCAサイクルの一環であり、フィードバックにより課題が見えたりします。

 

・フィードバックは鮮度が命

フィードバックで重要なのはクイックネスであると私は思います。アウトプットを出したその日にフィードバックされるのと、1週間後にされるのとでは、印象や効果がまったく違います。

 

・若者を育てるために必要なスキル

特に、昨今の新入社員等の育成に重要なのがタイムリーなフィードバックです。彼らはデジタルネイティブであり、リアルタイムなフィードバックに慣れています。要は待てない。これは決して悪いことではなく、これからのビジネスの常識です。変わらなければいけないのは教える側のマインドです。

 

・考えることの価値は高まる

このような背景から、タイムリーなフィードバックにより、自身の強みや弱みがすぐに手に入る時代になっています。これは非常に良いことではあるが、自分自身について深く考える機会を失っているとも言える。上の世代にあって若者にないのはこういった考えるプロセスや基礎体力であり、それらは相対的に価値が高まります。

 

フィードバックは、個人の成長に欠かせないものです。ただし、自身で考えることを放棄しては、壁にぶつかった時に対処ができなくなります。走りながら考えることのできる人材の価値は、ますます高まるでしょう。