外資系コンサルの意識高い日常

外資系コンサルのサラリーマンが意識高い(系)の日常をpostします。就職、転職、留学、自己啓発やその他考え方など

見えない参入障壁を疑え

 実はこの世界には見えない参入障壁で溢れています。私たちはそれによって大きな機会損失をしているのです。人生を好奇心に満ちた楽しいものにしていくためには、この参入障壁を疑い、固定観念をリセットして、自分の可能性を広げていくことが大切なのです。

 

①転職における参入障壁

 「○○経験3年」「○○業界経験者」などのワーディングは転職サイトでよく見かけることでしょう。またそう書いてなくても、ITの知識や専門知識が必要な仕事と容易に想像できる業種はたくさんあります。私も転職するまでは、未経験からコンサルティングって難しいのではないか?と不安に思いました。でも、そういったハードルは確かに存在はするのですが、参入してからの努力でどうにでもなるものです。考えてみれば当然ですが、コンサルタントシステムエンジニアであれ、最初は未経験の大学生から始まっているのです。30歳から始めたところで超えられない壁の訳がないのです。

 

②英語による参入障壁

 「英語を使って仕事をする」これだけでアレルギー反応を起こす人がとりわけ日本人には多いと思います。私もかつてはそうでした。しかし、「英語使った仕事」というのはめちゃめちゃ範囲が広いです。通訳みたいな仕事もあれば、メールはめっちゃ来るけど喋らない仕事もあります。そして、英語力はやればやるだけ伸びる能力です。当然、ネイティブみたいに話すことはできないでしょう。ただ、そのような能力が求められる仕事は日本にどれだけあるのでしょう?大体のことが理解でき、大体のことが伝わればよいのであれば、誰でもたどり着ける領域です。

 

③数学による参入障壁

 「数字に強い」これも一つの参入障壁を築いています。「経理の仕事は向いていない」等と簡単に考えている人も多いかと思います。しかし、私の知る限りでは、年がら年じゅう数字ばかりは触っている仕事は多くありませんし、たいていそういったルーチンワークはアウトソース(外注)かシステム化(自動化)されています。数字を扱う仕事において一番重要なのは、数字の意図を読み解いたり、ストーリーや仮説を立てられる論理思考力のような能力です。これは多くの人が基礎として持っている力ではないでしょうか。

 

④家事における参入障壁

 これは言い訳としてよく使われることですが、家事や料理ができない、というのも一つの参入障壁と言えるでしょう。私も、大学時代に飲食店でバイトをするまでは包丁を握ったこともありませんでした。料理というものは限られた人だけに与えられたある種の才能が必要だと思っていました。しかし、いざやってみると、やはりある程度のところまでは、繰り返していけば上達していくものです。ホームパーティーは開けなくても、自分や家族だけが食べる日々の食事ならば誰にでも作れるようになります。

 

<私たちは未経験なものに高い価値をつけすぎている>

 自分が知らないものは、怖いですよね。「知らない=できない」なので、その分野の仕事を高く見積もりすぎてしまっているのです。そういったときはまず自身の手を動かして体験していくことで、正しい価値判断ができるようになります。大抵のものが実はやってみると大したことなく、もちろんプロとして極めるのは困難ですが、初心者としての及第点が得られるような構造になっています。これを行うことで、何をするにも怖くなくなり、知らない世界をどんどん見たくなります。きっとその先には好奇心で埋め尽くされた楽しい世界が待っていることでしょう。

孤独を愛する力

 自分の人生を生きる方法として大切なことは、当たり前ですが他人の人生を生きないことです。それはかみ砕いて言うと、一人の時間を大切にすることです。成功している人の多くは孤独で、それに打ち勝った人たちであるということは、色々な本やインタビューで明らかなことです。

 

①不安な気持ちと向き合う

 一人で考え事をしていると、果たして自分はこのままでいいのか?努力の方向性や量が足りていないのでは?と不安になることがあると思います。それは一時的なもので、友人に連絡したり飲みに行ったりすれば忘れてしまえるようなものです。しかし、それは忘れてしまっていい感情なのでしょうか?考えすぎて悩んでしまっては問題ですが、ある程度の危機感や問題意識は自身にとって必要なものでしょう。常にだれかとkeep in touchしている人は、そのような内省の機会を失っていると言えます。

 

②集中する時間を作る

 勉強でも仕事でも、集中する時間を作ることは重要です。コラボレーションが必要な会議などは別にして、個人としてワークする際は集中力を保てる環境が重要です。その際に、人との会話は作業を中断される要因となり、作業効率や品質を落とします。それを防ぐためには一人で黙々と作業することが必要なのですが、逆に言うと孤独との戦いでもあります。誰にも見られていない、相談できない状況で、どこまで自分の仕事のクオリティを高められるか、というのは想像以上にタフです。

 

③個人の裁量と責任は大きい方がいい

 仕事を複数人でやっていると、チームプレーや達成感などは言うまでもなく素晴らしいのですが、責任の所在が不明瞭であり、かつ部分的に仕事を任されるため、裁量も大きくありません。逆に仕事をほぼ一人で回すようになると、責任が明確となるため、自身の最大限の能力が発揮されます(発揮せざるを得ません)。これによる成長度は比較するまでもありません。そして、一人で仕事をするということは責任と引き換えに自由を得ることが出来ます。成果さえ出せば、どこで何をしていようと自分を管理する人間はいません。

 

④孤独との向き合い方

 自ら自分の時間を作っても、孤独感に襲われることは必ずあるでしょう。それは私たち人間は生まれた時から一人では生きていけないし、本来は集団行動を望むものです。しかし、あえてその欲求と相対することで、得られるものも確実にあります。つまり、自分にとって今何が一番大切で、孤独の時間と誰かと過ごす時間のバランスをどうコントロールするか考えることが重要です。

 

<孤独を愛する人は他人も愛せる>

 冒頭にも記載したとおり、成功している人は必ずと言っていいほど孤独と向き合ってきています。スポーツの練習や、勉強や本を読むことなど、一人で行うトレーニングは孤独で退屈なものがほとんどです。だれかと楽しく話していた方が楽でしょう。しかし、それでは突き抜けることができないのは誰でもわかっています。そうして敢えて孤独を選択した人たちは、最終的には孤独に弱い人の気持ちが分かり、他人にも優しくなれるのです。情報化社会で誰とでも簡単に繋がれるようになった時代において、この孤独を愛する力は、未来を生き抜く重要な力の一つと言えるでしょう。

買い物の才能

 日本人はお金の話が好きですが、特にお金を得る方法についた議論が多いと思います。メインのアジェンダである年収の上げ方や副業、投資などの話題については、巷で話されているとおりある程度のメソトロジ(方法論)があり、あまりセンスといったものは必要なく、誰でも一定のレベル(年収1000万円など)には到達できるという印象です。しかしながらお金を「使う」側の議論は、あまりされていない印象であり、この能力の差は大きいと思っています。

 

①お金を使う行為には差が出やすい

 同じ会社で似たような給料をもらっている人でも、お金遣いが荒い人やそうでない人の差が出るように、同じ金額のお金をインプットとした時に、アウトプットの容態は人それぞれです。エンゲル係数が高い人、物を集めたがる人、服やブランド品にお金をかける人、家賃が高い人、ローンを組む人。余裕資金の無い生活(例えば、バイトをしている大学生など)ではあまり差が出ませんが、社会人になり、ある程度自由にお金が使えるようになる20代中盤から30代あたりはこの差が顕著に現れます。

 

②お金を使うセンスとは

 お金を使うセンスとは、買い物をするセンスという言葉に言い換えが可能だと思っています。買い物をした時に後悔が多い人や時間がかかる人は、おそらく買い物のセンスがあまりない人です。逆にいつも買い物をしてよかったと思える人や即決が得意な人はセンスがいいと言えるでしょう。周りを見ていても、この人はお金の使い方が綺麗だな、とか汚いな、と思うことがあるでしょう。そういった美的感覚の一つだととらえていただければと思います。

 

③お金を使うセンスがある人

 では、具体的にセンスがある人とはどういう人のことを言うのでしょうか。簡単に言うと、「目的がハッキリしている」「メリハリがある」といったような表現が適切かと思っています。趣味にお金をかけるけれどその他は質素だったり、海外旅行は行くけれど私生活は節約志向だったりとか、そのような考え方は相対的にセンスがあると言っていいと思います。私の場合は、仕事道具や生産性向上・時短になるようなものには費用対効果を考えないようにしています。タクシーや高スペックのPCや速度の速いネットワーク、また情報収集に有効なサブスクリプションのサービスなどについては、惜しまずに課金しています。

 

④費用対効果の罠

 お金を使う際の優先順位を決めるときに、費用対効果で判断する方が多いですが、これは半分正解で半分違っています。理由としては、費用対効果(ROI)には時間の概念が抜けているからです。私たちのお金を払って得られる対価は、それを得るタイミングによって大きさが変化します。旅行であれば、健康な時に行くのと、仕事を引退して足腰が悪くなってから行くのでは場所の制限も大きく異なるでしょう。留学であれば、10代や20代でいくのと、それ以上では語学学習の伸びも異なるでしょう。家や車を買うのも、本当に必要なタイミングを逃すと、あまり効果の得られない買い物になってしまうのです。

 

<買い物のセンスを磨こう>

 私は買い物のプロを自称しているのですが、これまでの過程には失敗もいくつもあります。とりわけ投機は下手くそで、仮想通貨や株のポテンシャルを見極めてキャピタルゲインを得るようなものにセンスがありません。その自身の弱みを踏まえたうえで、自身に最適な資金繰りの計画や投資の計画をするべきで、周りに合わせて適当に貯金したり買い物をしているようでは、一向にセンスが磨かれません。まずは自身の興味と、試行錯誤による得意不得意の見極めをして、少しずつ自分の思考回路を理解していけばよいと思います。

感謝の方法について

 人に感謝を伝える方法はいくつかありますが、大人になっていろいろな照れやプライドで、ストレートに伝えることができなくなっていませんでしょうか?今回は、意識高い私が実践している感謝の方法について伝えていきたいと思います。

 

①実績をつくる

 まず、お世話になった人たち(親、奥さん、会社の上司や同僚など)に関する感謝の方法は、成長した姿を見せることだと思っています。成長した姿というものの具体的な成果は、実績を作ることです。仕事の成果でも何かの資格でも賞でも年収でも構いませんが、分かりやすい何かを手に入れることが、一番わかりやすく実績になるでしょう。それらをはお世話になった人たちに対する一番の感謝の方法だと思っています。時間的・物理的な投資やサポートしてくれた人に対して、結果以外で恩返しするのはとても困難です。まずは最優先に、自身が結果を残すことを考えましょう。

 

②ストレートに伝える

 感謝の気持ちほど、変化球によって台無しになるものはありません。ありがとう、嬉しいなどというポジティブな気持ちは、そのままストレートに伝えるべきです。口頭で言えなければメールやテキストで構いません。それを少しでも濁して、自分の気持ちが100%伝えられないと一生後悔すると思います。多少の恥背負ってでも、素直に伝えたほうが絶対に良いです。

 

③お金を払う

 大人になればなるほど、お金を払うことの意味が大きくなってきます。普段は割り勘でも、その時だけは奢りましょう。1万円でも2万円でもいいのです。おそらくそれをしてもしなくても、相手の満足度はそこまで変わらないでしょう。お互い大人ですから、一度の食事を誰が払ったかなど誤差にすぎません。ただ、自分がその時に一つの区切りができるというか、少しだけ大人になれた気がして、自分の満足度が高まります。意味のない自己満足かもしれませんが、私は感謝を伝えたいときはお金を払おう、と決めています。

 

④ベタベタしない

 これは人付き合いの在り方、みたいな話なので人それぞれかと思いますが、お世話になった人にいつまでもお世話になりっぱなしという状態は健全ではありません。人生にはいくつかのフェーズがあって、親に育ててもらって自立していくように、お世話になって卒業して、という事象の連続です。小学校の先生と未だに連絡をとっている人はあまりいないでしょうし、それが健全だと思うのです。昔お世話になった人とはある程度の距離をおいて、節目で成長した姿を見せれるように、自分に時間を使った方がいいでしょう。

 

<一人で生きているという錯覚>

 毎日忙しく仕事をしていると、一人で生きているような感覚に陥ることがありますが、やっぱりそれは錯覚で、色々な人に支えられて生きているのです。でも、それを必要以上に意識して周りに気を遣う必要はないし、そういった環境をいい意味で利用して、自身を成長させていくのが最適解です。そして、とあるタイミング(個人的には、お土産として実績や結果を伝えられるタイミング)で感謝を伝えればいいと思っています。そしていつか、私自身が周りの人に価値を提供して、周りの人達が成長したり、新しい何かを見つけられるようなことが起こればいいと思っています。

マウンティングのない世界へ

 世の中はマウンティングで溢れています。一般的にマウンティングとは、仕事、年収、彼氏、結婚、子供などの議題に対して、持っている人が持っていない人に対して字自虐風に自慢する、ということと理解しています。例えば、結婚して子育てしている人が、「独身は気楽でいいよね~」といった感じで独身男女に提言することです。

 

①マウンティングの起源

 マウンティングとはいつから始まったのでしょうか?自身の幼少期を思い返すと、おもちゃの有無や旅行の有無など、少なからず友達に自慢したり自慢されたりしていたような気がします。「友達が持っているから私もおもちゃを買ってほしい」などという文脈は、まさに小学生のマウンティング事情を表していると思います。もちろん個人差があり、そういった経験がない方もいるでしょうが、残念ながら私たちは根っからのマウンティング気質なようです。

 

②マウンティングは悪か

 マウンティングの根底にあるものとして、「自分の話を聞いてもらいたい」という欲求があると思っています。その欲求はかなり健全なものだと思っていて、自分の話を聞いてくれる存在は自身の精神をかなり安定させます。小さいときは多くの場合、それがお母さんという存在で、また思春期を迎え、親友や彼氏・彼女に変わっていくでしょう。たいていの悩みは、人と話してしまえば和らぐものです。しかし、そのうえで「肯定されたい」という欲求がすこし話をややこしくしてしまっていると思います。

 

③肯定されたい、という欲求

 「話を聞いてもらいたい」という欲求をベースに、「自身を肯定されたい」という欲求が重なります。誰しも自分の話は否定されずに聞いてもらいたいし、自分の選択が正しかった、と肯定されたいという欲求は少なからずあると思います。しかし、それが一定のレベルを超えてしまったときに、マウンティングが発生してしまう、と私は考えています。「自分の意見を肯定されたい」「自分の選択は正しい」ということを確認するために、異なる意見や環境にいる人たちに対して、マウントをとることで黙らせ、否定意見を牽制しているのです。

 

④ではどうすればいいか

 上記よりマウンティング発生のメカニズムについてはご理解いただけたかと思います。では、マウンティング合戦を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。結論としては、「その場の空気に多様性を持たせること」だと思っています。例えば、国籍が違う人が数人集まった時に、マウンティング合戦は起こりません。誰かの普通は、他の誰かの普通ではなく、年収も家族構成も違って当たり前だからです。友達も同僚も、たまたま一瞬場所が交わっただけでまったく違う環境で生きているのですから、誰がいつ何をしようと気にしなくていいのです。人の数だけ人生があるのですから。

 

<マウンティングのない世界へ>

 私はマウンティング合戦みたいな会話や飲み会が好きではありません。理由は、異なるフィールドや前提を元に意味のある議論ができるわけがなく、結果として楽しくないからです。自分の意思決定が正しいことは、自分でしか証明できないのです。その意思決定に対するインプットが異なるのですから、他人に評価してもらっても、されなくても、何の意味もありません。近況報告が間接的なマウンティングになり得るなら、別にその話題すら要らないと思っています。友人というのは、近況を報告するだけの対象ではありません。この広い世界の中で、偶然出会った人たちとどんな時間を過ごすのか、どうやったら楽しく過ごせるのかというのは永遠のテーマですが、「あいつのことはよく知らないけど友達だよ」と言って、笑って過ごせる関係性も悪くないと思います。

平日のランチをやめた話

 最近平日に昼食を食べるのをやめました。そもそも外資系コンサルでは昼を食べない人が多く、全く理解できなかったのですが、その人たちに合わせていくうちに慣れて来て、その状態が普通になると色々といいことがあったので書いて行こうと思います。

 

①眠くならない

 私にとって一番のメリットは、昼食後の眠気がなくなったことです。つい昼食を食べ過ぎて、その後1時間くらい眠気と戦う時間があったのですが、それが全くなくなったことは生産性の向上にめちゃくちゃ寄与します。また昼に何を食べるか、ということも考えなくてよくなり、思考の余白も増えたと思っています。

 

②1時間多く働ける

 単純に、昼休みに行かなければ1時間多く働けます。それは1時間早く帰れることを意味しますので、働き方改革の一つです。そもそも私たちコンサルタント裁量労働制なので、残業はしなければしないほど得なのです。早く仕事を終わらせることができるのであればそれは完全に正義です。

 

③忙しい時にストレスがない

 いつも昼食をとっている人でも、忙しくてランチに行けない日はあると思います。そういった時に、空腹という普段と違う状態が継続するのはストレスになります。実際私も昔はそうでした。しかし、現在はランチに行けない状態が普通なので、忙しかろうが続けて働こうが通常状態と同じなので、全くストレスがありません。

 

④お金が節約できる

 ランチ代は1日1000円かかるとして、20営業日で月間2万円ほどの節約になります。これは結構でかいです。その分で夕飯もしくは休日のランチを贅沢にしてみてはいかがでしょう。きっと満足度は上がるはずです。特に職場付近のランチが充実していない人などは間違いなくその方がいいでしょう。

 

<コーヒーやスナックは増えるかも>

 とはいえお腹は空くので、コーヒーを飲んだり、ナッツやスナックをつまんだりはしています。その量は昼食をとっていた頃より少し増えるかもしれません。それでも仕事のパフォーマンスとしては良化していると思うし、健康上もいまのところ問題ありません。なお、最初の1週間くらいは辛かったですが、2週目からは完全に慣れます。ちなみに、不思議なことに体重は変わりませんので、ダイエット方法としては向いていないやり方だと思います。

財布は必要なのかという問題

 先日、財布が壊れたので新しい財布を見ていたら、ふと思ったのです。そもそも財布は必要なのかと。昨今において、スマホの携帯はマストでしょうが、財布の携帯はマストではなくなってきていると思います。

 

①現金を使う機会はどれくらいあるか

 一般的なサラリーマンの場合、現金を使うのはせいぜいお昼休みのランチくらいでしょう。もちろん、夜に飲み会で支払う場合もありますが、カードが使えたらカードですし、後日に割り勘ならば振込やLINEpayなどいくらでもデジタル決済が可能です。そう考えると、平日はランチ5回×飲み会1‐2回といったところです。当然にタクシーや自動販売機・コンビニなどは電子決済ですね。休日は予定によりますが、やはりカードや電子マネーでほとんど間に合います。

 

スマホとカードと1万円

 上記より、一週間を過ごすために必要なものはスマホとカードと1万円だということが分かります。現金はお昼のときはマストですが、1万円あれば1週間は余裕でしょう。そして、スマホは常に携帯するので、カードと1万円をどうやって持ち運ぶか、というところが課題になります。

 

③マネークリップは違う気がする

 上記の条件にハマるのが、マネークリップというツールです。これは現金をむき出しで挟むもので、モノによってはカードも収納できるのでニーズに合致していると考えられます。しかし、やはり現金をむき出しで持ち歩くのはあまりいい気はしないのです。汚いし、モノを整理できていない印象があります。

 

④むしろ小銭入れでいいのでは

 あとは、ランチで使用した際のおつりはどうするか、という問題があります。これは少額であれば募金やポケットに入れてしまえばいいのですが、ある程度の量になると邪魔だし不潔です。そうなってくると、お札とカードが入る小銭入れが1つあればいいのでは?と思いました。なんとなく大人としてどうなのか?ダサくないか?という問題がありますが、カッコいい財布を持っていて奢らないオジさんより、ダサい財布で金払いのよい男に私はなりたいのです。

 

<とりあえず試行してみます>

 上記のような整理ができたので、スマートな小銭入れを探してみます。一緒に食事に行く人に、え?って思われそうですが、上記の理論を力説することで私の信者を増やしていこうと思っています。また使ってみて、メリデメも整理していきたいと思います。